筋力トレーニング・メソッド

年齢や体質のハンデは技術で超えられる

  1. 割れた腹筋・・・成人男子が「まず何とかしたい」と思うのが腹筋。コツを実戦すれば効率よく割れる
  2. 逆三角体型・・・広い肩幅と背中は男の証し。下半身とのバランスも大事なので、腰から上を重点的に鍛えよう
  3. バランスマッチョ・・・カラダ全体が軽く感じ、それなりに大きな力を出せる理想形の一つ。全身をくまなく鍛えていこう。

  <5つのコツで高まる筋トレの効果>

  1.  筋肉の特性・・・筋肉のついている位置や動く範囲を理解し、鍛えている部位を意識してトレーニングする。
  2. コアコントロール・・・動作中はコア(体幹)をうまく操作する。大きく動かすのかしっかりと固定するのかを種目ごとに使い分ける。
  3. トルク コントロール・・・腰を下ろす位置、ウエイトをあげる位置などを変え、狙った筋肉にきっちり大きな負荷がかかるようにする。
  4. ムーブメント デイレクション・・・スタンスやグリップを変える、ひねりを加えて動くなど、目的の筋肉をしっかりと仕える動きに。
  5. テンポコントロール・・・動作の速度は、自分の呼吸に合わせて一定に保つ。反動を使わず、丁寧に動作する。

  <筋トレの成果は、筋肉がつくだけではない>

筋トレをすることで得られるメリットは筋肉がつくだけではなく他にもいろいろあります。

  • 脂肪燃焼の効率UP・・・筋トレによって分ぴされるアドレナリンや成長ホルモンは、脂肪の消費を促進するもの。筋トレ後にジョギングなどの有酸素運動を行うと、脂肪がさらに燃焼しやすくなる。
  • 肩こり・腰痛解消&姿勢も改善・・・全身をバランスよく鍛えれば、カラダを支える筋肉が強くなり、姿勢が改善される。カラダの偏りやゆがみが軽減され、肩こりや腰痛の予防・解消にもつながる。
  • アンチエイジング効果・・・筋トレによって分泌される成長ホルモンは、免疫機能を高め、新陳代謝を促して美肌をつくる効果がある。
  • 太りにくくやせやすいカラダ・・・筋肉量が増えると、基礎代謝量(生命維持のためのエネルギー消費量)も増える。各種ホルモンが多く分泌されることで一時的に基礎代謝量が増えるばかりか、長期的に太りにくくやせやすいカラダとなる。
  • 疲れにくいカラダ・・・筋力が強くなれば、日常生活で加わる負荷が相対的に減る。したがってカラダが軽く感じ、日々快適に活動できるようになる。
  • やる気・精力がみなぎる・・・筋トレは成長ホルモンだけでなく、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量もUPさせる男性ホルモンは活力を高める作用があり、男らしさが生まれる。