リコンデイショニング最終目標

人間は立位での活動を基本としていることから、パーソナルトレーニングのリコンデイショニング最終目標は立位での身体機能の改善、向上となり、 CKC エクササイズを早期から段階的に リコンデイショニングプログラム導入することが望ましいと考えられる。もちろん 、リコンディショニングプログラムにスクワット等のCKCエクササイズを導入する際には、フィジカルチェックによく機能性を確認する必要がある。またCKCエクササイズの実施にかんしては 、エクササイズ動作 (フォーム)に充分配慮するとともに、痛みの生じない可動範囲で実施するようにしなければならない。そして、膝関節の障害に対するリコンディショニングプログラムでは、 CKCエクササイズが重要であることも忘れてはならない。レッグエクステンションエクササイズ実施時における大腿凹頭筋の腔骨前方引き出し力をコントロールすることを目的に近位抵抗、および二重抵抗を用いて効果をあげている。リコンデイショニングプログラムでCKCエクササイズを導入する際には、このようなテクニックを活用することも有効だろう 。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *