痛みの有無を確認しながらりコンディショニンダブログラムを進める

)コンデイショニングプログラムを進めていくうえでは、身体のトラブルや痛みが生じている部位の痛みを常に確認することが重要となる。リコンデイショニングエクササイズを実施する際には、身体のトラブルや痛みが生じている部位に少なからずとも痛みが生じる可能性がある。このことを、事前にクライアントに説明するとともに、セッションの前後はもちろん、エクササイズ実施中も、クライアントに痛みの有無を確認することを怠らないようにしなければならなし、。

そして、クライアントが痛みを感じることのないエクササイズの選択、痛みを感じない範囲でのエクササイズの実施を基本としなければならない。なぜなら、痛みは人間にとってネガテイブな刺激(ストレス)であり、痛みを伴うリコンデイショニングエクササイズの実施は様々なネガティブ(ストレス)反応を引き起こす可能性があるからである。痛みを実際に感じるのは脳であるが、痛みを感じながらエクササイズを行うことによって、脳がどのような反応を示し、それに伴って身体にどのような反応が現われるかについては、脳科学が進歩した現在もなお不明瞭な部分が多い。しかし少なくとも、痛みを伴うエクササイズの実施は、クライアン卜のモチベーションを低下させ、リコンデイショニングフ。ログラムカ、らドロッフ。アウトさせてしまう司能性があるといえる。また、動作上の痛みを避けようとする代償動作によって、他の部位のトラブルや痛みを引き起こしてしまう可能性もあるだろう。

これらのことから、リコンディショニングプログラムを進めていくうえでは、常にクライアントに対して痛みの有無を確認するとともに、クライアントをつぶさに観察し、痛みを伴わないエクササイズの実施を心がけなければならない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *